生理不順を食事で解決できるの?

ストレスと食事の不摂生から生理が止まってしまうことがあります。

 

何もやる気がでない、それは生理周期と関わりがあることがあるからです。

 

なぜなら、もうすぐ、生理かなと思う時期により落ち込みは激しく、体が重く、だるく感じられます。

 

これが進むと、ついに生理が止まってしまい、女性ホルモンが乱れていることを意味します。

 

これはストレスと食生活がより深くかかわっています。

 

食生活でいうとレトルト食品や保存食を忙しいからと食べていたり、過食でストレスをごまかしていませんか?

 

まずは、ストレス食いをしたときのジャンクフードの過食によって溜め込んだ脂肪やコレストロールで汚れた血をきれいにするために体をきれいにしていくことが大切です。

 

朝は水分をとり、新鮮なフルーツや野菜を中心にした食事にかえましょう。

 

昼夕は玄米に必ず手作りの黒ゴマをくわえるようにして大豆製品を中心に海藻、適度な肉や魚を取り入れたおかずを数品そろえましょう。

 

昼夕は大豆食品にこだわりたいのは大豆製品の豆腐や湯葉、がんも、おからなどを好んで毎日摂っている女性は年齢の割に若々しく、活動的な女性が多いのです。

 

生理不順やホルモンバランスの整えるのは大豆イソフラボンがおすすめ

大豆にふくまれるがイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするからと言われています。
イソフラボンはエストロゲンと同様に女性を若々しく美しくさせる働きがあります。

 

みずみずしい素肌やつややかな髪を作るために、その材料となるたんぱく質の合成をサポートしたり女性らしいラインを作るのに役立つ物質なんです。

 

日本人の食事には昔から大豆製品がよくでてきていますよね。

 

日本人女性が素肌がきめ細やかであるのは大豆のおかげかもしれませんね。

 

食生活を改善すると3日ぐらいで体の中の毒素が出始めるのか、体や顔のむくみも引いていきます。

 

まるで電池を入れ替えたかのように自分自身が規則ただしいリズムを刻み始めていくことでしょう。

 

体は日に日に活力を取り戻し何よりも心がすっきり晴れていきすっきりとした気分になっていきます。

 

閉じこもってしまったり、ネガティブになってしまう人は2週間も健康的な食生活を続けると体調はすっかりよくなり、引きこもっていた日々が嘘のように前向きな気分になってくると思います。

 

さらなる変化が、余分な水分や脂肪が落ちて体重もおちていきますし、生理不順だった人は生理が始まりいままで正常なリズムで体が動きだすのが実感できると思います。

 

女性特有の悩みで多いのは女性ホルモンの乱れを実感し、体調不良だけではなく気分の落ち込みや不安感も体験することもあると思います。

 

それをサプリメントで克服していくのが一番早いかもしれませんね。