胸が大きくなる理由とは?

 

女子力の象徴と言える大きなバストですが、日本人は基本的に欧米人のように大きなバストを保有する民族ではないですよね。
遺伝的にいって欧米人に比べ体はキャシャですし、控えめなボディの方が多いのは仕方ないです。

 

しかし、女子力向上のためには美ボディを手に入れたい!バストもCカップ、Dカップくらいは目指したいところです。
私も中学生の頃からAカップだったために、色々なバストアップ法にチャレンジしてきました。

 

バストが小さい事でコンプレックスに思っていましたので、胸の大きい人がとても羨ましく思っていました。

 

そこで、胸が大きくなる理由として遺伝的な事は抜きとして、他の理由を調査してみました。
自力で胸が大きくなれる方法を探している方にも、そもそもどうして胸が大きくなるのかと理由を知っていると焦らずバストアップ法をチャレンジできると思いますので、どうぞご参考にしてくださいね!

 

女性ホルモンの影響で胸が大きくなる

 

乳腺が発達すると胸が大きくなる

女性の胸が大きくなり始めるのは中学生くらいの頃から、多少の個人差はあるものの、大体12歳、13歳頃からではないでしょうか。

 

その時、私たちの体では何が起こっているのかと言いますと女性ホルモンの分泌が始まっているのです。
そうそう、生理の開始と重なってくる頃ですよね。

 

女性ホルモンは主にエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが活躍しています。
この2つの女性ホルモンは、いつもマックスに出ているのではなく、増減を繰り返しています。

 

エストロゲンは女性らしい体になるホルモンで、プロゲステロンは妊娠に関するホルモンです。

 

生理中はエストロゲンもプロゲステロンも分泌量は落ちます、生理が終わり1週間前後で排卵日がやってきます、その直前でエストロゲンは分泌量が急上昇し、数日で分泌量は急降下します。

 

排卵期が終わりかけると今度はプロゲステロンが急上昇します、この時1度分泌量が落ちたエストロゲンもプロゲステロンの分泌量を超えない程度に上昇し、あとは緩やかにエストロゲンもプロゲステロンも分泌量は落ちていき生理を迎えます。

 

生理中はエストロゲンもプロゲステロンも分泌量は低いままです。
このサイクルが続いていくのです。

 

胸の大きさに関係しているのは、女性らいし体をつくるエストロゲンで、エストロゲンの分泌で乳腺が発達すると言われています。

 

乳腺の周りに脂肪がついて乳腺を守ろうとしていますので、乳腺が多くできれば、多くの脂肪も胸に付くわけです。
乳腺が発達することにより、バストに脂肪がつきますから胸が大きくなる仕組みですね。

 

エストロゲンが多く分泌する時期にバストアップケアを行う事でより胸が大きくなると言われていますので、この時期にバストアップケアを行うと良いですよ。

 

代表的なバストアップケア
・バストアップマッサージ
・バストアップサプリ
・大胸筋を鍛える

 

胸が大きくなる時期

胸が大きくなるのにはエストロゲンの分泌が大きく関係している事がわかりました。
しかし、エストロゲンが分泌さえしていれば胸が大きくなるのか、というとそうでもなさそうです。
胸が大きくなる時期というものが存在し、いつまでも大きくなり続けるというものではありません。

 

胸が大きくなる時期としては思春期で、中学1年生の時にAカップだったとしても中学を卒業する時にはBカップになったりCカップになったりすることも珍しくありませんし、高校に入ってからぐっと胸が成長する人もいます。

 

しかし二十歳を超えてから急に大きくなることは珍しく、バストアップケアなどを行っていない限り通常中学生、高校生、大学生の時期にあたる時期が胸が大きくなる時期になります。

 

この事を踏まえて考えてみるとエストロゲンだけの分泌だけではなく、成長ホルモンとも何かしらの関係があると考えられていています。

 

成長ホルモンは体が成長する時には欠かせないホルモンで、もちろん赤ちゃんの頃から活発に分泌されていて、だいたい25歳くらいまでに役目を終えて大人になれば成長ホルモンの分泌はどんどん低下します
そして成長ホルモンは25歳くらいで、急激に分泌が少なくなるホルモンです。

 

バストの成長期と体の成長期の終焉がだいたい一致しているので、女性ホルモンのエストロゲンと成長ホルモンの
両方のホルモンに関係している事が推測されているようです。

 

確かに、エストロゲンは30歳代でも多く分泌されていますし、40歳代でも量は減ってきますがまだまだ分泌されていますが、胸がどんどん大きくなっていく事はほとんどありません。

 

このバストの成長期にバストアップケアを行う事で胸の成長も加速できるのではないかと考えられています。

 

胸が大きくならない理由

胸の成長期にも関わらずあまり大きくならない人もいます。
遺伝的要素を除いてみると生活環境に関わりがある事が分かっています。

 

・痩せすぎ
・不規則な生活
・ストレス
・寝不足

 

痩せすぎ、不規則な生活、ストレス、寝不足はバストアップには大敵とされています。
思い当たる人は一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか、胸が大きくなる為には脂肪が付く体でなくてはならないですね。

 

 

例え、乳腺が発達してきても、そこに脂肪が付いてこないと胸は大きくなりません。
脂肪細胞を作り出す事ができないような痩せすぎな状態では、そもそも胸の成長は望めませんね。

 

 

不規則な生活、ストレス、寝不足に関しては、ホルモンバランスを崩す可能性が大きい生活習慣です。
ホルモンバランスを崩してしまうとエストロゲンがうまく機能しませんので、これも胸の成長を望めないと言えます。

 

ストレスがあると寝不足になりますし、不規則な生活は気をつけて生活を規則正しく直す必要があります。